So-net無料ブログ作成
検索選択

原発0の日の終焉 [日記]


川内原発の再稼働について
いろいろとテレビでやっとった。。



あるおばあちゃんが
「孫たちの未来に安全を与えたいですね」
「危険な環境なんですから!」
と憤っておられましたね。
この、クソ暑いのに。。。

でも、
放射線=悪」
「放射能=悪」
「再稼働=悪」
この図式は、可笑しいと思わないのでしょうか?

放射線と放射能は全く違うものだし 。。。まぁ未だに混同されてるのもどうかと思いますが。。。
発言されてたおばぁちゃん、、あなた元気に生きてるじゃないですか!
川内原発は、 1984年(昭和59年)7月4日に
稼働し始めたわけですよ。
つまり、31年前ですよ。
その間に、あなたのお孫さんは、
どうかされましたか?
例えば甲状腺の御病気だとか、、、


それから、
再稼働がなぜ悪なのか説明してほしいのですが。
原発で働いていた人々の就職は?
その周囲の商店街などの減収も考えてます?
化石燃料をこれ以上燃やす事は、
どんな意味を表しますか?

この反対のデモに参加していた女性が
このようにおっしゃっておられた。
「再稼働するってことは、鹿児島県民の恥」
だという風に。。。。
本当にそうですか?

何をもって、「恥」と判断されてます?

それと
大抵の方が
「核のゴミ」というものを挙げられます。
ところが、
この「核のゴミ」というのは
原発を止めていれば出てこないというものではなく、止めていても動かしていても、出てきます。
さらに、核の処理場を作っても出てきます。

人類が、放射能というものを
生活に利用するようになり、
さらなる大きな用途に用いるようになってから
再処理の方法は、見つかっていないのです。

使わなけりゃいいと思いますか?
では、快適な生活も捨てましょ。
原発の代わりに火力を動かせばいいと?

温暖化や、化石燃料枯渇化した時等々。
どのようにお考えになられてるのでしょう?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。