So-net無料ブログ作成
検索選択

政治家はまともなものだけしかいらない。まず民主はいなくなれ。 [日記]

平野達男震災復興担当相の「(津波から逃げなかったバカなやつがいます」という発言。
前任の松本龍氏が「知恵を出さないやつは助けない」と発言して辞任してからわずか3カ月、
被災地の思いを踏みにじる発言に、
地元や識者からは、怒りを通り越して驚きあきれた声が上がった。

「おふくろは足腰が悪くて逃げたくても逃げられなかった。
バカだから死んだの? 
大臣、議員として以前に人としてありえない。辞職どころではすまされない」


津波当日、母親は自宅2階にいた。
「足腰が悪いから、外に逃げるより2階にいた方が安全だと思った」
しかし、母親は津波で家ごと流されて亡くなった。
「なんで連れて逃げなかったの」
母親の友人に責められたこともあった。
「今も悩んでつらい。あの時を知らないやつに何も言われたくない。みんな必死だった」
と被災した三浦さんは話す。

知人の消防署員は、救助に向かう途中で亡くなった。
近所の自転車店の店主は、顧客の自転車を守ろうとトラックに積んでいる最中に流された。
友人は妻と3歳の子を亡くし、4カ月の子はいまも見つからない。
「亡くなった2万人の遺族の前で言えるの? 唖然とするしかない」
三浦さんの怒りは収まらない。




こんな民主党に任せておいていたいいの?
メディアはこんなこと、放映しないさ。
所詮は、民主党の取り巻きなんだから。
いい?
なにが、問題で
なにが、国益を害することか
よく考えてみればわかるはず。
政治家などいなくても、
きちんとした思考があればわかるはずなんだ。






高村正彦「真の国益を」

高村正彦「真の国益を」

  • 作者: 大下 英治
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2010/11/30
  • メディア: 単行本



いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」

いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」

  • 作者: 水間 政憲
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/12/01
  • メディア: 単行本



国益の立場から

国益の立場から

  • 作者: 渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本



決定版・日本史

決定版・日本史

  • 作者: 渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2011/07/07
  • メディア: 単行本



歴史を知らない政治家が国を亡ぼす

歴史を知らない政治家が国を亡ぼす

  • 作者: 渡部 昇一
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: ハードカバー



国家の実力

国家の実力

  • 作者: 佐々 淳行
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: ハードカバー



ほんとに、彼らが日本を滅ぼす

ほんとに、彼らが日本を滅ぼす

  • 作者: 佐々 淳行
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/07/26
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

AIKIJP

民主党には人権侵害救済法案・外国人参政権・TPPに毅然と反対してくれる国士も多いです。
平野達男みたいな、国家と国民を愛する気持ちのない人もいる。
民主党の生かすべき芽を伸ばして、断つべき芽を断って、参りましょう!

by AIKIJP (2011-10-19 12:32) 

yuukoku

>AIKIJPさん
niceおよびコメントありがとうございます。仰るように議員そのものの問題が一番大きいでしょう。自民であっても古賀のような売国議員はいますが、民主党は党そのものの成り立ちからして、問題の多い政党です。その問題点が多く指摘されついるにも関わらずに、民主党から抜けないのは何故でしょうか?
民主党議員はそういった問題点に応えていただきたいものです。
反対反対というだけでなく、自らが籍をおく政党を是正していただきたいものであります。
by yuukoku (2011-10-20 13:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。